グリッドはどのように使うのか? 簡単に再現できる2つの方法 By Quentin Décaillet



e0131413_15435622.jpg

グリッドを使って簡単に始められるセットアップの方法をご紹介します!

目次
1.バックライト ポートレート
2.4種ライトのビューティーポートレート
  2-1.ステップ1
  2-2.ステップ2
  2-3.ステップ3
  2-4.ステップ4
3.おわりに
4.グリッドセット

バックライト ポートレート
必要な物
1x フラッシュユニット
1x グリッド
1x 1 m丸型リフレクター(レフ板)
e0131413_13554538.jpg
ヘアーライトの様に、ユニットをモデルの背後高い位置に設置しました。

太陽光に倣う
お好みで、12°、20°、30°グリッドを使用する
・フレアを取り入れつつ、フォーカスされたビームライトを演出する為に30°を使用しました。
・そして、モデルの正面にリフレクター(レフ板)を置きました。高い位置で、アングルを付けることによって、モデルの顔にライトビームが反射します。
・別のフラッシュを用意せず、十分な環境を作ることが目的です。

イージー&クイック
スタジオでのセットアップは、簡単且つ素早く、更にフレアの演出も可能です。
ロケーション撮影では、それ以上の便利さを発揮します!

1/2かフルCTO(色温度オレンジ)フィルターをグリッドの前にセットすると、撮影するポートレートはゴールデンアワーに撮影されたようになります!私は、婚約や結婚式撮影の際、沢山の機材やアシスタントの手を必要としない、この方法を良く使います。
e0131413_13402437.jpg
e0131413_13540110.jpg

4種ライトのビューティーポートレート

e0131413_13451278.jpg

こちらのセットアップは、先ほど紹介した物と比べて少々複雑です。
ですが、1ライトずつ行った場合に、非常に理にかなっていることがお分かりいただけます。
ユニット数は多くすことも、少なくすることも可能です。

ステップ1
必要な物
1x フラッシュユニット
1x 70 cmオパライト
e0131413_13455224.jpg
メインのライトソースはシンプルに、モデルの正面に置いた70 cmオパライトです。私はディフューザーとホワイトデフレクター(※)を用いてシルバーを使います。
※デフレクターについて詳しくはこちら

初めはシンプルに
良い仕上がりですが、特別なことはありません。
モデルの目はフラットですし、陰にもう少しフィルライトがあれば、尚良いでしょう。

シンプルなリフレクターをモデルの顔の下、ウエストの高さあたりに置くだけでも変化があるでしょう。ですが、フィルライトに影響なく、オパライトを動かせませんでした。

レクタ型のソフトボックスをウエストの高さで、上向きにセットしても良かったですが、照明があらゆる方向へ漏れてしまいます。代わりに、モデルの正面に12°グリッドを用いたストロボを下向きに、丸型リフレクターに向けてセットします。フラッシュライトがモデルの顔方向へ反射します。

説明文よりも下の写真をご覧頂く方が、わかりやすいでしょう。
e0131413_13462694.jpg

ステップ2
必要な物
・2x フラッシュユニット
・1x 20°グリッド
・1x 70 cmオパライト
・1x 1 m丸型リフレクター(レフ板)
e0131413_13470414.jpg
ライトをフラットに
今日のライトは以前と比べて非常に優れています。ですが、フィルライトを用いることで、肌の問題を更に隠してくれます。フィルライトなしでは、撮影後のフォトショップはどうしても必要になります。

ライトの改良が進んでいても、完璧には至りません。画像全体的に、奥行きが欠落しています。
ですから、紹介したセットアップのようにヘヤーライトを取り入れます。ここで選ぶグリッドは幾つかの条件に左右されます。ひとつ目はフレア。ふたつ目は、モデルが動いて、幾つかのポーズを取るか。ここでは、20°グリッドを選び、フレアを避けつつ、少しであればモデルが動けるようにしました。
e0131413_13474913.jpg
e0131413_13481075.jpg

ステップ3
必要な物
・3x フラッシュユニット
・2x グリッド
・1x 70 cmオパライト
・1x 1 m丸型リフレクター(レフ板)
e0131413_13484523.jpg

深さを足す
ヘヤーライトはいい仕事をしますが、まだ、背景がフラットで退屈です。そこで、モデルの真後ろに20°グリッド付きユニットを追加し、背景の照明としました。そこで、背景を照らす20°グリッド付きユニットをモデルの真後ろに追加します。シームレスペーパーに見事な輝きを足し、画像に奥行きを与えます。
e0131413_13490679.jpg
e0131413_13492298.jpg

必要な物
・4x フラッシュユニット
・3x グリッド
・1x 70 cmオパライト
・1x 1 m丸型リフレクター(レフ板)
e0131413_13495173.jpg

更にこだわる
顔に光が当たった今、奥行きが少し生まれました。しかし、まだ、出来ることがあります。
更に奥行きを出したい場合、バックライトをもう一つ追加しますが、このライトはモデルの腕と肩に向けます
e0131413_13501494.jpg

ステップ4
必要な物
・4x フラッシュユニット
・3x 18 cmグリッド
・1x 70 cmオパライト
・1x オパライトグリッド
・1x 1 m丸型リフレクター(レフ板)
e0131413_13514065.jpg

ドラマチックに
オパライトにグリッドを追加すると画像がよりドラマチックになります。
オパライトにグリッドが付くと背景に漏れるライトの量が少なくなり、いい意味でのケラレが強く見られます。
e0131413_13520815.jpg
e0131413_13522358.jpg

おわりに
どのセットアップ方法もグリッドを使用する際に役立ちます。また、スタジオやロケーション撮影において、グリッドの追加が何をもたらすのかを教えてくれるでしょう。

今の照明よりワンステップ先に進むには、優れた方法です。また、他では出来ないユニークなセットアップも可能にします。

注意
こちらの記事内全ての画像はCapture Oneで処理をしています。
光を修正するレタッチは一切施されていません。

グリッドセット
e0131413_15273498.jpg
価格:10,800円(税別10,000円)


e0131413_15341347.jpg
e0131413_15411615.jpg
●Elinchrom 33217 グリッドバック
価格未定
直径18cm〜21cmの4つ以上のグリッドを搭載するように設計されています。
寸法HxLxW:11 x 26 x 24 cm


●ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
(株)テイク TEL: 03-5159-4711 mail:info@takeinc.co.jp

※こちらの記事はElinchrom社の了承を得ましてテイクで翻訳しております。

[PR]
トラックバックURL : https://takeinc.exblog.jp/tb/26252999
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by TAKEINC | 2017-12-13 16:22 | コラム | Trackback | Comments(0)

写真・動画撮影機材の輸入販売、スタジオ施工等を行っている株式会社テイクの公式ブログです。 写真・動画撮影機材の新製品やキャンペーン情報、コラムなどをお届けします。お問合せは以下からお願いします!http://www.take-online.jp/contact/


by テイクスタッフ